FXトレードとは何か? その成功の要因とは何か? 私たちがコントロールできるのは、期待リターンだけ! 世界を旅する自由女子フリーダム(freedom)奥田里穂子  

世界を旅する自由女子フリーダム(freedom)奥田里穂子

 

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析によって
次の相場変動を予測することで利益を上げるというのが
常識的な考え方だとすると、「トレードの科学」では、
まずその常識を否定するところからス
タートすることになるります。

 

■真のトレードは「相場変動を予測する」という常識の否定から始まる

皆さんは、トレードを成功に導くものとして重要な要素は何だと思いますか。

金融理論の知識やファンダメンタルズ(景気動向や経済状況、
あるいは企業業績など、経済の基礎的諸条件)分析の正確さでしょうか。

もしそうだとすると、金融理論を勉強して、
日々最新の情報を分析している大手金融機関の人たちが
圧倒的に有利ということになりますね。でも、そんなことは全くありません。

大手金融機関のトレーディングや運用の成績は、
実は総体としてみると極めて凡庸なものなのです。

たとえば、ファンドマネジャーが高い手数料をとって
運用する投資信託のパフォーマンスは、全体としてみると
市場平均を下回る傾向にあることがさまざまな実績調査で裏付けられています。

バートン・マルキールのベストセラー『ウォール街のランダムウォーカー』には、
ファンドマネジャーに運用を任せるのは、サルにダーツを投げさせて、
ダーツが刺さった所に書いてある銘柄で運用するのと
同じだという有名なたとえ話が載っています。

高い手数料を払って高名なファンドマネジャーが運用する
投資信託を購入する一般の投資家からすると、信じがたい話でしょうが、
実際の成績はまさにその通りなんですよね。

もちろん、優れた成績を残すカリスマ・ファンドマネジャーも多少はいます。

でも、ダーツ投げのうまいサルを100匹揃えて、それぞれファンドを運用させれば、
その中には偶然のいたずらでカリスマ・ファンドマネジャー顔負けの成績を残すサルが
ほぼ確実に出現することでしょう。

この話は色々なところで繰り返し語られているものなので、
知っている人も多いかもしれませんが、そこには投資にまつわる
とても重要な真実が含まれています。

まず、豊富な金融知識を持ち、リアルタイムの情報を集め、
ファンダメンタルズ分析をきっちりやっているはずのファンドマネジャーでも、
相場に勝つことはとても難しいということです。

もう少し踏み込んで、相場の変動は基本的に予測できない、
といってもいいかもしれません。

単に優れた運用成績を残すカリスマ・ファンドマネジャーがいるからといって、
それが相場の変動を予測できることを意味することにはなりません。

なにしろ、ダーツ投げのうまいサルの中からもスーパースターは現れるのですから。

次に、そのことの裏返しとして、短期的に好成績を上げたとしても、
それが実力とは限らないということです。

ここで、ちょっと時間軸のことも考えてみましょう。

ファンドマネジャーたちの成績を短期間(たとえば1年間、
あるいはもう少し長くとって2~3年程度)で比較すると、
好成績を上げるファンドマネジャーが一定の割合で現れます。

ですが、もっと長い期間、たとえば10年とか20年の期間で見ると面白い現象が現れます。

短期的に優秀な成績を収めたファンドマネジャーの成績は、
その後凡庸なものになっていく確率が高いのです。

逆も真なりで、短期的に成績が悪かったファンドマネジャーは、
その後はそんなに悪い成績ではなくなる確率が高くなります。

(厳密にいうと、期間が長くなるにつれて成績が
最も優秀なものと最も劣悪なものの差は開いていきます。

でも、最初に好スタートを切ったものが
そのまま好成績を上げ続ける可能性はとても低いのです。

最初に劣悪な成績だったものがそのまま
劣悪な成績を残し続ける可能性も同様にとても低くなります。

そして、最優秀者と最劣悪者の差は、次第に拡大ペースが落ちていき、
やがてあまり差が開かなくなっていきます。

こうした現象を、平均への回帰という意味で「ミーン・リバージョン」と呼びます。

このミーン・リバージョンは、短期的な成績が偶然のたまものである可能性を物語るものです。

こうした話を最初にしているのは、
ここにトレードの長期的成功に対する最初の、
そしてとても大きな壁が立ちはだかっているからです。

多くの人は、比較的相場環境が良いときに投資を始め、
恐らくはしばらくの間、比較的良好な成績を収めます。

ですから、
「もっとトレードを科学的に考えていく必要がある」
などといっても、
「別にむずかしいことを考えなくたって、現に自分は勝っているんだから関係ないよ」
と感じるわけです。私の経験上、非常に多くの人がこれにあてはまります。

(ちなみに、私はトレードを難しく考えようと言っているわけではありません。ゴルフに凝り始めた人が色々とスイングの理論を研究したりするのと同じことを、トレードでもしてみようと言っているだけなのです)

でも、そうした人たちのほとんどに、その後の成績が
凡庸なものになっていくというミーン・リバージョンの法則がやがて襲い掛かります。

場合によっては、相場環境が変わったときにうまくいかなくなって、
そのままずるずると悪循環にはまってしまうか、投資なんてもういいやと
あきらめてしまうパターンがその後に続くことになります。

 

■偶然の世界からいかに逃れるか

単純に考えて、偶然はおよそ半数の人に成功をもたらします。

偶然が支配する世界では、結構な割合の人が成功を味わうわけです。

でも、それはあくまでも偶然のたまものであって、
その後も成功するか失敗するかは五分五分のままです。

この偶然の世界から抜け出さない限り、長期的に利益を積み上げていくことは難しくなります。

しかし、最初に成功から入った(約半数の)人たちは、その必要性に気がつきにくいのです。

では、相場の全てが偶然によるものなのかというと、そうではないというのが私の意見です。

もっとも、そのように断らなくても、ほとんどの人は
「相場の変動は偶然によるもの」という考え方を受け入れられないと思います。

しかし、ここで私が言おうとしている
「相場のすべてが偶然によるものではない」というのは、
多くの人が感じていることとは全く意味が違うものです。

この点については回を改めて詳しく話をしたいと思いますが、
ここでは結論を先に述べておきたいと思います。

大方の感覚とは異なって、相場変動の大半は偶然
(もしくは予測不可能な変動)によるものと考えられます。

ですが、特定の部分には偶然によらない動きがあり、
そこにトレードの真の収益源が生まれます。

プロでも基本的に相場の変動を予測できないように見えるという事実を
最初に見つめることから始めなければなりません。

相場変動は予測可能なものであって、その変動を誰よりも早く、
誰よりも正確に察知することでトレードを成功に導けるというふうに考えるのではなく、逆の発想が必要なのです。

つまり、大前提として、相場の予測は誰にとっても
基本的には不可能であるという点を出発点とし、
その大前提からわずかでもずれている部分を
注意深く探ることが必要になるということです

 

■ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の有用度

では、金融の知識やファンダメンタルズ分析などは全く必要ないのでしょうか。

もちろん金融の知識もなく、ただ適当に売買をしているのでは単なる博打と一緒です。

もっとも、トレードはある意味で胴元(証券会社やFX会社)に落ちる
手数料が比較的薄いので、博打としては比較的割のいいものと考えることはできます。

でも、博打をするだけなら「トレードの科学」はそもそも必要ないですよね。

そのような意味で、つまり相場で何が起きているか、
自分がどのようなシナリオに賭けているかを理解できる程度には
金融やファンダメンタルズの知識があった方がいいと思います。

ですが、そのような知識を増やしたり、きちっとした分析をしたりすることで
トレードの成績が上がるわけではないことは知っておくべきです。

私は職業としてトレーダーやファンドマネジャーをやっていましたので、
そうした立場から言えば、金融理論をすらすらとしゃべったり、
ファンダメンタルズ分析をしっかりとやることはとても必要なことでした。

それは相場に勝つためではありません。そうしないと、周囲の信頼を得られないためです。

プロが時間をかけて様々な情報を集め、様々な分析をしているのは、
ほとんどの場合、本人が意識しているかどうかは別として、
専門家らしく振舞うことで顧客の信頼を得たり、業界で一目置かれたり、
あるいは所属する組織の中で自分の地位を安泰にするためのものなのです。

ですから、金融理論やファンダメンタルズ分析によって
トレードの成績が左右されるということは基本的にはないと、
とりあえずは考えていただいて結構だと思います。

では、テクニカル分析(チャート分析のこと)はどうでしょうか。

ファンダメンタルズ分析との比較でいえば、
テクニカル分析の有用性は少しだけ高いと思います。

私自身、若いころにテクニカル分析のテキストを買って
必死に勉強した覚えがあります。

テクニカル分析は、ここで買おうとかここで売ろうというような
投資判断のきっかけを作ってくれますし、相場の流れを把握するうえでも
重要な役割を果たしてくれます。

ですが、テクニカル分析が
相場の先行きを予測するのに役に立つかといえば、
やはりかなり疑問だと思います。

後付けで見れば、ある局面で、
あるテクニカル分析の指し示す通りに相場が動くことはあります。

でも、長い期間にわたって、有効であり続ける
テクニカル分析は基本的に存在しません。

複雑で、一見格好いい分析手法は特にそうです。

このテクニカル分析の話も、いずれまた
詳しくお話ししたいと思いますが、とりあえずの結論としては、
テクニカル分析で相場動向を予測するのは、
相場に勝つ決定打にはならないということです。

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析によって
次の相場変動を予測することで利益を上げるというのが
常識的な考え方だとすると、「トレードの科学」では、
まずその常識を否定するところからスタートすることになります。

 

人気の副業 1位はFX!

フリーダムブログ(WP)
オリジナル特典付き教材の一覧はこちら☆

 

■人がコントロールできるのは期待リターンだけ

先ほどの第1条の中で、「真の実力」という漠然とした言葉を使いました。
投資の世界における真の実力とは、もっと正確に言うと何でしょうか。

それは、「期待リターン」という言葉で表されます。

もっとも、この期待リターンという言葉自体も
結構あいまいな使い方をされていて、よく見られるのは、
一定の相場環境を適当に想定して、その想定される環境の下で
どれだけ利益が上がるかを計算したものを期待リターンと称するようなケースです。

本当の期待リターンは、起こりうる全てのケースを
考慮したうえでの損益の期待値のことです。

ただし、起こりうるすべてのケースを考慮することは現実的には不可能なので、
正確な期待リターンはだれも測定することができません。

それでも長期的には、偶然による作用がお互いに相殺されて
その影響が薄くなっていくと考えられるので、
次第に期待リターンが姿を現してくることになるはずです。

つまり、短期的なトレードの成績はほぼ偶然によるものですが、
長期的な成績は目に見えぬ期待リターンに左右される割合が高まっていくわけです。

そのため、期待リターン、すなわちトレードの真の実力は
長期的にでないと現れてきません。

しかし、それこそが我々がコントロールできる唯一の要素なのです。
それに対して、偶然はコントロールが効かない要素です。

しかし、人は無意識のうちに偶然をコントロールしようとします。

努力することで、あるいはおまじないやゲン担ぎで、
あるいはポジティブに考えたり心を清く正しくしたりすることで、
偶然が自分の味方をしてくれると誰もが無意識に感じるのです。

たしかに現実には運のいい人も悪い人もいます。

でも、それは偶然なのですから自分でコントロールできるものではありません。

もちろん、いつか偶然が自分の味方をしてくれると信じて
正しい方向に努力を続けることはとても価値のあることです。

しかし、やり方はともかくとして、ただ頑張れば運が味方についてくれるとか、
念じれば思いがかなうと考えることは、トレードの世界では禁物です。

そのような神頼みの姿勢は、自分の手足を縛り、
ときに手ひどい損失を招きよせるものにしかなりません。

ですから、我々がすべきことは、長期的には
偶然の影響が多かれ少なかれ相殺されるはずだと考えて、
自分がコントロールできる唯一の要素である期待リターンを
いかに引き上げていけるかに専念することになります。

引用元 https://www.mag2.com/p/money/9328

人気の副業 1位はFX!

フリーダムブログ(WP)
オリジナル特典付き教材の一覧はこちら☆

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

世界を旅する自由女子フリーダム(freedom)奥田里穂子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA